極楽おやじ

暇つぶしにでも

しくじり先生は教会?

今日のしくじり先生は泣けたぜぃ

オードリー若林はしくじり先生の収録はキリスト教徒が週1回ミサをする教会みたいなものだと他のインタビューで例えていたが、まさに今回はオレにとっても懺悔の時間だった。

特に水道橋博士の「固定観念」についての講義は興味深いものであったぜぃ。人はみなあるべき姿を演じなければならないとか、目指さなければならないとの強迫観念があるとらわれ過ぎると行けないとの講義であったが、この講義を聞いての自分の感想としては

1 固定観念は取り払うことが出来ないのが、当たり前。

2 固定観念にとらわれないようにするということではなく、固定観念を認め、日々固定観念を見つめ続けることこそが、大事。

と思ったところでありんす。

マネーの虎の話も良かったぜい。マジで映画化してほしい。ドキュメンタリーでもいいかもね。

水道橋博士と元マネーの虎の講義を聞いて、思わず泣いてしまったぜ。

 

 

もちろん徳光正行さんの話も良かったっぜい。。。。。。